永久脱毛は痛いの?

永久脱毛の痛みは部位によって異なる

永久脱毛では、医療用レーザーなどを照射すると、施術部位に一般的に輪ゴムを弾くような痛みを感じます。痛みには個人差があり、皮膚が薄い部分や敏感な部分では痛さが強くなることがあります。口コミではVIOラインに強い痛みを感じる場合が多く、毛の薄い顔などはあまり痛さを感じないケースが多く見られます。クリニックによっては、皮膚の表面の感覚を麻痺させる表面麻酔などを用意していることもあるので、施術前のカウンセリングで相談してみましょう。

永久脱毛で痛みを感じやすい部位

永久脱毛で痛みを感じやすい部位としては、肌の下にすぐ骨がある部位や、皮膚が薄く、硬くて太い毛が生えている部位は、痛いと感じる傾向にあります。脱毛時の痛みは輪ゴムをはじいたようなものと例えられることが多くみられます。
ワキや膝下は、比較的脱毛範囲が広く、皮膚が薄いため、痛いと感じやすい人が多く見られます。そしてVIOなどのデリケートゾーンは皮膚が薄いうえに、日常的に刺激を受けることが少ないため、刺激に弱く痛みを感じやすいといえるでしょう。

永久脱毛で痛みを感じにくい部位

永久脱毛は全身をくまなく脱毛するため医療レーザー治療の中では痛みに差があることがあります。その中で痛みを感じにくい部位というものがあります。それは範囲が広く皮膚と骨の間に距離がある部位です。その理由は毛で肌を守る必要がないため施術を行っても痛みを感じることがほぼありません。その部位はお腹や背中やお尻といった毛が細い部分などがこれに挙げられます。個人差はありますがワキや足と比べると痛さはありません。

永久脱毛で痛みが大きい部位

VIO脱毛のコースの申し込み方にこだわりたい場合には、永久脱毛のプランの内容を把握することで、誰しも自信を持ってデリケートゾーンのケアを始めることができます。
最近では、永久脱毛の痛みの少ない施術を希望する女性が少なくありませんが、麻酔の量を調節することにより、何時でも安心して通院をすることが可能です。
その他、VラインやIラインの毛量について、担当の医師とよく話し合いをすることが重要なポイントとして挙げられます。

永久脱毛で痛みを和らげるための対処法

永久脱毛の痛みを感じている女性は、決して少なくないことが分かっており、様々なトラブルを回避するにあたり、実績のあるクリニックの最新の取り組みをチェックすることが良いでしょう。
また、医療機器の出力の大きさについて迷っていることがある場合には、アフターサービスの内容がしっかりとしているクリニックの現状を把握することが大事です。
その他、生理前の日焼けの対策をするためには、麻酔科の医師に相談をしつつ、保湿効果の優れている化粧品などを上手く用いることがコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です